室町時代後期の書記官だった中原康冨の日記に「鯛なら鯛と分かるように、その魚のひれを刺しておくので刺身、つまり“さしみなます”。」という記述があり、それが刺身と言う言葉が文献に最初に登場した時でした。それが、1448年の8月15日だったことにちなみ制定されました。

今日は刺身を食べましょうかね。筆者は鯛の刺身が好きです。